Language Options  

flagge-hongkong-1400x933.jpg
3CS Corporate Solicitors new logo.jpg
Millennium Bridge on Thames River
3CSグループ
 

ロンドンに拠点を置く3CSは、シティーの中心にあるフルサービスの法律事務所です。私たちはスタートアップの企業からグローバル企業にわたる、イギリスでご活躍のインターナショナルな企業の皆さまを主なクライアントとしております。私たちは、コーポレートと商事法、紛争解決、雇用法、移民法、不動産法、および人事サポートの分野でアドバイスをご提供いたしております。

私たちのお客様


 

私たちはスタートアップの企業からグローバル企業にわたるあらゆる規模のお客様にサービスとソリューションをご提供いたしております。

30社を超えるフォーチュングローバル500に選ばれた企業を含む、インターナショナル企業や多国籍企業の皆さまとお仕事をさせて頂いていることを誇りに思っております


 

専門分野

 

EU離脱
eu-1473958_1920.png

EU離脱の移行期間が2020年12月31日に終了したため、EUとの取引方法に関する現行の規制や規制の少なくとも一部が変更されています。

 

EU離脱の影響は多岐に亘るため、すべての企業のすべてのシナリオを網羅する情報をここに掲載することは不可能ですが、多数の組織にとって有益であるべき重要な情報をアクセスしやすい形式でまとめることを試みました。もちろん、貴社のビジネスがどのような影響を受けるかについて、更なるサポートや具体的なアドバイスをご希望の場合には、弊所の各チームにお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ


35 New Broad Street
London
EC2M 1NH

T:  +44(0) 20 7194 8140 
 
E:  info@3cslondon.com 
​      

ニュースレター
business-3167295_960_720.jpg

[移民法] スポンサー・ライセンスの管理および経済の不確実性

ここ数年、世界は大きな混乱に見舞われており、Covid-19とBrexitが重なったことで、英国も相応の影響を受けています。

 

これらの出来事と避けられない経済的な影響により、多くの会社は雇用戦略の大幅な変更を余儀なくされており、その内容は、スタッフの一時自宅待機、在宅勤務、整理解雇、グループ会社の再編、オフィススペースの縮小など、業界によって様々です。これらの変更の中には、一時的なものもあれば、意図的であるか否かに関わらず永続的なものもあります。

もっと見る

london.jpg

[雇用法] 整理解雇の代替案 パート4

本ニュースレターのパート12、3では、2021年9月30日の一時自宅待機制度(Furlough Scheme)の終了に伴う短期的な景気の落ち込みに対処する方法をご紹介しました。

 

企業は、恒久的な構造変更(整理解雇など)を避け、その代わりに中間的な解決策を検討し、一時自宅待機制度の終了から通常業務への復帰までのつなぎとして利用することが可能です。中間的な解決策としては、一時的な社員数の削減、仕事量の削減、給与や福利厚生の削減などが考えられます。今回のニュースレターでは、雇用主がスタッフの給与や福利厚生を削減する方法に焦点を当てます。

​​もっと見る