Language Options  

3CS Corporate Solicitors new logo.jpg

EU離脱  – 雇用法

最低休憩/休暇期間、母親および父親の権利など、英国雇用法の大部分はEUから派生しています。EU雇用法は、国内雇用法がこれを下回ってはならないとする最低基準を定めており、英国はこれらの権利を「金メッキ(gold-plating)」することでさらに促進しています。英国とEUの間で、将来の関係がどのように機能していくかについての本年後半のEU離脱協定(withdrawal agreement)に従い、英国は、将来のEU法を導入することも、実際に欧州司法裁判所(European Court of Justice (ECJ))の決定を適用することも、もはや必要なくなるでしょう。国内雇用法の改正は直ちには予定されていませんが、英国政府がEU離脱後に既存の権利を修正または削減するかどうかは未だ分かりません。例えば、雇用審判所(Employment Tribunal)における差別的主張の補償金額に上限が設けられるかもしれませんし、派遣従業員(agency worker)の権利の変更があるかもしれません、あるいは事業譲渡後の諸条件を調和させる自由を雇用主に与えるようTUPE(the Transfer of Undertakings Regulations (Protection of Employment) Regulations 2006)の修正があるかもしれません。


雇用法チームは、雇用法のあらゆる観点や従業員との関係について、国際的な企業への豊富なアドバイス経験を有しています。EU離脱に関連する従業員の問題について弊所がどのように貴社をサポートすることができるか、お気軽にご連絡ください。

EU離脱 – コーポレート/商事法

EU離脱 – 移民法

Cookie Policy     Complaints Information

 

© 2013-2020  3CS Corporate Solicitors Ltd 

Registered in England & Wales | Registered office is 35 New Broad Street, London EC2M 1NH
3CS Corporate Solicitors Ltd is registered under the number 08198795
3CS Corporate Solicitors Ltd is a Solicitors Practice, authorised and regulated by the Solicitors Regulation Authority with number 597935

All photography courtesy of Nobuyuki Taguchi | www.nobuyukitaguchi.com

WLL_'O'(light blue).jpg