Language Options  

3CS Corporate Solicitors new logo.jpg

ニュースレター

COVID-19 -検査および接触追跡 (Test and Trace) :雇用主の視点

18 September 2020

Jasmine Chadha


学校が再開し、労働者は職場に戻るよう積極的に推奨され、秋にはさらに多くの人の移動が予想されます。その場合、NHSの検査および接触追跡 (Test and Trace)サービスから連絡を受け、自主隔離するよう指示される個人が増える可能性が非常に高まります。


これは雇用主にとって大変な混乱を招く可能性があり、スタッフは急な自主隔離が求められます。適切な措置を「職場復帰(return to work)」方針に盛り込むことや、スタッフと他のコミュニケーションをとることで、そのような状況に出来る限りスムーズに対応できるようになるでしょう。より多くの人々が同僚と物理的に近くなるため、複数のスタッフが同時に自主隔離する必要性が生じる可能性があります。実際に、同一の個人が複数の別々の機会に自主隔離を求められるかもしれず、これは更なる混乱を引き起こすでしょう。


NHSの検査および接触追跡 (Test and Trace)サービスとは何ですか?


COVID-19の検査結果が陽性だった人は、NHSの検査および接触追跡 (Test and Trace)ウェブサイトに登録し、最近「濃厚(close)」接触した個人を特定する必要があります。次に、接触追跡者 (contact tracers) はリスクがあると考えられる人に通知し、COVID-19の症状がなくても14日間自宅での自主隔離を要請します。


これはスタッフにとってどのような意味があるでしょうか?

もし自主隔離するように言われた場合には、自宅を出て職場に行くことは認められません。コロナウイルスの症状がある場合には、できるだけ早く検査を受ける必要があります。たとえ症状がなかったとしても、(症状は後になって現れる可能性があるため)コロナウイルス患者と最後に接触した日から14日間は自主隔離が必要です。


検査結果が陽性の場合、症状が現れた時から最低10日間は自主隔離が必要です。これは、自主隔離が14日間よりも長く必要となる可能性があることを意味しています。


濃厚接触(close contact)とは何ですか?


NHSの検査および接触追跡 (Test and Trace)ガイダンスによれば、症状が出る前48時間以内にCOVID-19感染者と濃厚接触した人は自主隔離が必要です。濃厚接触には、COVID-19感染者との(1メートル未満の)対面接触あるいは(2メートル以内の)15分以上の接触が含まれます。ソーシャルディスタンスが厳密に守られていない場合や、ローテーションシステムなどでスタッフを配置する手段が講じられていない場合には、職場環境内の複数人が含まれる可能性があります。同ガイダンスでは、パースペックススクリーンや同様の隔離を用いた相互接触は特別に除外しているので、職場復帰計画の際に考慮するべきかもしれません。


現時点で検討・計画するべき点


1. 職場におけるソーシャルディスタンスが正しく保たれるよう、明快な方針を定め、明確かつ直接にスタッフに指示してください

2. NHSサービスから自主隔離を通知されたら直ちに報告するよう従業員に要請してください-そうしなければ、他の従業員がリスクにさらされ、不正行為につながる可能性があります

3. 全スタッフに連絡先の詳細を最新のものとするようにしてください

4. シフトパターンを組む場合には、NHSの検査および接触追跡 (Test and Trace)制度を支援できるよう正確な記録を21日間の保管してください

5. NHSからの正式な通知、または法定疾病手当(SSP)の払い戻しの請求に必要となる自主隔離の記録を提供するよう従業員に要請してください

6. 自主隔離を要請されて在宅勤務ができない従業員は、初日から法定疾病手当(SSP)を受ける資格があることを覚えておいてください

7. 貴社が基準を満たしていれば、コロナウイルス法定疾病手当リベートスキーム(Coronavirus SSP rebate scheme)のもとで請求できるかもしれません

8. 複数の予期せぬ不就業が発生した場合、あるいはスタッフが直ちに職場を離れなければならない場合に、重要な業務をカバーするための実行可能な危機管理計画はありますか?

9. データ保護ポリシーおよびプライバシー通知により必要な情報の取得が認められているか確認し、情報の修正が必要な場合にはスタッフに通知してください

10. 在宅勤務の方針には、生産性のモニタリング、必要なオフィス機器の提供、在宅勤務のリスクアセスメントの実施等のための十分な条項が組み込まれていますか?

11. 貴社がホスピタリティ業界、旅行業界またはレジャー産業業界に属している場合には、その場所を訪問したあらゆる顧客または訪問者および彼らと濃厚接触した人の情報を収集するべきです。この場合にも、データ保護要件に準拠していることを確認してください

12. 職場で複数のCOVID-19が発生している場合は、地域の医療保護チームに緊急連絡してください

スタッフが職場に戻るよう推奨されていることに伴い、弊所は、発生しうる無数の問題に対して可能な限り備え、貴社のビジネスを支援していたします。


詳細の情報については3CSの連絡先にお問い合わせください。


法律、および人事に関する最新情報をご希望の方は、弊所ニュースレターをお申し込みください。

Related Articles

Download

Solicitor/Associate/Employment

Jasmine Chadha

Cookie Policy    Complaints Information

 

 

© 2013-2020  3CS Corporate Solicitors Ltd 

Registered in England & Wales | Registered office is 35 New Broad Street, London EC2M 1NH
3CS Corporate Solicitors Ltd is registered under the number 08198795
3CS Corporate Solicitors Ltd is a Solicitors Practice, authorised and regulated by the Solicitors Regulation Authority with number 597935

All photography courtesy of Nobuyuki Taguchi | www.nobuyukitaguchi.com

WLL_'O'(light blue).jpg