Language Options  

3CS Corporate Solicitors new logo.jpg

ニュースレター

英国入国者全員に対する自己隔離の強制

01 June 2020

Thomas Miles

英国政府は、英国に入国する全ての者を自己隔離 (quarantineまたはself-isolation)するための新しい規則を発表しました。これは、英国居住者と訪問者の両方に等しく適用されます。 新型コロナウイルスに関する多くの政府政策と同様、これは英国政府にとって前例のない処置となります。


新規則は6月8日から施行され、以下の事を意味します:

1. 旅行で英国に来る時は、旅行と連絡先の詳細を提供する必要があります; そして

2. 英国に到着してから最初の14日間は、滞在場所を離れることができません(但し、これには限定的な例外があります)。

必要な詳細情報を提供しなかった場合、または自己隔離しなかった場合は、罰金が科されます。


旅行と連絡先の詳細を提供するには、旅行前にオンライン上からフォームに記入する必要があります。 現時点ではこのフォームは政府のウェブサイトにまだ掲載されていませんが、6月8日以降に英国に旅行する予定のある人は確認をする必要があります。 さらに、必要情報を提出した事を入国審査の際に証明できるよう、提出済フォームのコピーとフォーム受領確認またはそのWebページを印刷しておく必要があります。


英国居住者または英国市民以外の人については、罰金の他に、英国入国を拒否される可能性もあります。


英国に到着後は、自己隔離すると申告した場所に直行する必要があります。 政府は、他に選択肢がない場合にのみ、公共交通機関を使用することを薦めています。公共交通機関を使用する場合は、マスクまたはその他の布で鼻と口を覆い、可能であれば他の人から2メートルの距離を保つことを薦めています。

申告した自己隔離場所に到着したら、14日間そこに留まる必要があり、以下のいずれかの理由でのみ外出が許可されます。

- 緊急の治療を要する場合;

- 社会事業 (social service) からのサポートを受ける場合;

- 食料や薬を調達する必要があり、それらを配達してもらえない場合;

- 近親者の葬儀への出席、または他の忌引等の理由がある場合;

- 火災等、滞在先場所での緊急事態の場合。


また、必要不可欠なケアを提供する以外の目的で自己隔離場所に訪問者(友人や家族を含む)が来る事は許可されません。

自己隔離場所が共同宿泊施設の場合(例えば、友人や家族と一緒に滞在している場合)、人との接触をできるだけ避け、建物内の共有エリアの使用を最小限に抑える必要があります。

自己隔離場所がホテルまたは同様の宿泊施設である場合、バー、レストラン、その他のホテル施設などの共有エリアを使用する事はできません。


自己隔離に適した場所がない場合は、到着時に入国審査官にその旨報告する必要があり、入国審査官が宿泊施設を手配します(手数料がかかる場合があります)。


法律、および人事に関する最新情報をご希望の方は、弊所ニュースレターをお申し込みください。

Related Articles

Download

Director/Head of Legal

Thomas Miles

Cookie Policy    Complaints Information

 

 

© 2013-2020  3CS Corporate Solicitors Ltd 

Registered in England & Wales | Registered office is 35 New Broad Street, London EC2M 1NH
3CS Corporate Solicitors Ltd is registered under the number 08198795
3CS Corporate Solicitors Ltd is a Solicitors Practice, authorised and regulated by the Solicitors Regulation Authority with number 597935

All photography courtesy of Nobuyuki Taguchi | www.nobuyukitaguchi.com