Language Options  

3CS Corporate Solicitors new logo.jpg

ニュースレター

職場でアジアの文化を理解する

25 January 2019  

Karl English

アジアの組織で成功を収めているアジア人以外の従業員に、その組織の文化を理解し受け入れている傾向があることは、一般に認められています。彼らはどのように物事が行われるのかに敏感で、どのように意思決定がされるかを理解しています。アジアの組織が面する1つの問題は、彼らの高コンテクストカルチャーをローカルの従業員にどう理解させるかということです。

日本、中国、韓国の高コンテクストカルチャーでは、集団との帰属化が非常に強く存在します。高コンテクストカルチャーの興味深い一例は「情」のコンセプトです。これは日中韓の文化に存在します。各国で同じ「情」という漢字が用いられますが、その意味は微妙に異なり、その3カ国の集団の和や信頼感、そしてアイデンティティーなどといった他の感情とも関わりがあります。

中国語の「情(qing)」は関係における忠誠心や互恵性に焦点を当てた感覚の感情を指します。中国社会では家族には「亲情(qin qing)」友人には「友情 (you qing)」そして同僚には「袍泽之情 (pao ze zhi qing)」のための労力を厭いません。他人には、「同情」に値しない限り、自分と彼らを結びつける物がないため、最も少ない「qing」 が払われます。「qing」 を理解しないということは、しばしば他人が自分に期待する事に応えていないということを意味します。すなわちそれには同僚たちの気を悪くさせたり、大切な人間関係を十分理解していなかったりすることが含まれます。中国人が彼らまたは彼らの関係者が信頼していない人と取引をすることはほとんどありません。他人と結びつきを持たない人は、他人に対する責任を負わずに済むかもしれませんが、中国人社会で生き抜いていくことは非常に難しいでしょう。

日本語の「情(jyo)」は感情、感覚、愛情、慈愛を指します。調和、合意、社会的関係がいまだ重要とされる日本社会で共有され理解される概念です。高テクストカルチャーの他の特徴と同様に説明するのは難しく、例を挙げて説明するほうがよいでしょう。例えば、職場の同僚や家族が桜の木の下でピクニックをして一緒に春の訪れを愉しむ(花見)、ホリデー明けに職場にお土産の食べ物を持って帰ってくる、仕事について話をしに同僚と仕事のあと飲みに行く、行きつけのレストランがただで何かをサービスしてくれるなどです。興味深いことに、日本の西洋化が進むにつれて西洋文化と日本文化は集束してきていますが、これら根本の概念は依然として真実であることに変わりなく、深く根差しています。

「정(jeong)」が深く根付いていて、感情や感覚の表現に日本や中国以上に広く幅広い意味を持つのが韓国です。これは「社会的そして関係的に結ばれた個人間の感情のつながり」と定義されることが出来ます。ある韓英辞典でも「感情、愛情、感傷情熱、人間性、同情、心」と定義しています。職場ではこれは強い一体感とお互いへの愛着として現れます。「jeong」を基盤とした関係は長期にわたって一緒にいることを通して生まれやすくなります。高テクストカルチャーのもうひとつの特徴である、集団への帰属化は「jeong」の世界では強くなります。前述の通り、例を用いて説明する方がよいでしょう。例えばいつも口論をしてばかりでも辞職すると寂しく思う同僚や、沢山作りすぎて職場にクッキーを持ってくる事などです。

「qing」「jyo」「jeong」の持つ高コンテクストで無形かつ主観的な特性は、低コンテクストな西洋式の分析や定義に反します。三つの国で使われるこのひとつの文字を通して表現される感情と、集団へのつながり、アジア文化とアジア社会における調和と一体感は理解するに値する見識であり、組織内でどのように意思決定がされ、物事が行われるかとその背景を説明することによって、ローカルの従業員にも伝えられるべきです。この知識はパフォーマンスやモチベーションそして人間関係を向上し、効果的な採用を助け、結果として組織の競争力を高めることにつながります。

3HRでは上記テーマについての拡大説明、または他の関連概念の従業員向けトレーニングを提供いたします。ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

法律、および人事に関する最新情報をご希望の方は、弊所ニュースレターをお申し込みください。

Related Articles

Download

HR Consultant

Karl English

Cookie Policy    Complaints Information

 

 

© 2013-2020  3CS Corporate Solicitors Ltd 

Registered in England & Wales | Registered office is 35 New Broad Street, London EC2M 1NH
3CS Corporate Solicitors Ltd is registered under the number 08198795
3CS Corporate Solicitors Ltd is a Solicitors Practice, authorised and regulated by the Solicitors Regulation Authority with number 597935

All photography courtesy of Nobuyuki Taguchi | www.nobuyukitaguchi.com