Language Options  

3CS Corporate Solicitors new logo.jpg

ニュースレター

コマーシャル・アップデート - 商標とEU離脱 Copy

06 March 2020

Amy Cunliffe-Rowe

英国は現在、EU離脱協定の承認を経て移行期間にあります。 2020年12月31日に終了するまでのこの期間中は、EU法が英国に適用され続けます。これは、移行期間の終了まではEU法が英国に適用され続け、EU法が欧州連合商標 (European Union Trade Marks (EUTMs)) に適用される方法に変更がないことを意味します。

12月31日以降は、移行期間が延長されるかもしれませんし、英国とEUの将来の関係について合意が成立するかもしれませんし、または、さらなる合意は成立しないかもしれません。これは事実上、移行期間終了後のEU法の適用可能性は、交渉が進むにつれて両当事者の立場が明確になるまで完全には判明しない事を意味します。

企業が商標を保護するために直ちに行動する必要はありませんが、移行期間の終了後に商標がどのように影響を受けるかを把握するために、申請中および既存の商標の見直しを行う必要があります。

企業がすべきこと

移行期間中に実行すべき対応策は、特に、商標の保護が必要か、そして移行期間の終了時に商標のステータスがどのようになるかによって異なります。

1. 既存の登録済みEUTMを現在お持ちの場合、英国での登録申請は必要ありません。これは、2021年1月1日から同等の英国登録が自動的に作成されるためです。

2. 2021年1月1日にEUTMを申請中の企業で、EUに加えて英国での商標登録を希望すす場合、英国知的財産庁(Intellectual Property Office (IPO))に同等の英国商標を申請する必要があります。この申請は2021年1月1日から9か月の間に行う必要があります。現在申請中の商標申請は、移行期間の終了前に登録完了する可能性が高いため、移行期間の終了時に申請中の状態のままになる事はほとんどありません。 2020年9月以降(または登録許可に異議が出る事が予測される場合はそれ以前)に提出された申請については、移行期間の終了時点で申請が継続中の可能性があります。この場合、英国での商標保護が必要であれば、英国のIPOに別個の申請書を提出するのが賢明でしょう。

 

3. 2021年1月1日からEUTMは英国をカバーしなくなるので、同等の地理的保護を確保するためには、企業はEUTMと英国商標の両方の申請を提出する必要があります。

 

地理的保護が必要な場所、または移行期間後に商標が適切に保護されるために必要な手順についてご不明な場合、なるべく早く法的アドバイスを受ける事をお薦めします。

 

この問題に関するさらなるアドバイスやコンプライアンスサービスに関する詳細情報をご希望の場合は、3CSの商法チームにお問い合わせください。

法律、および人事に関する最新情報をご希望の方は、弊所ニュースレターをお申し込みください。

Related Articles

Download

Solicitor

Amy Cunliffe-Rowe

Cookie Policy    Complaints Information

 

 

© 2013-2020  3CS Corporate Solicitors Ltd 

Registered in England & Wales | Registered office is 35 New Broad Street, London EC2M 1NH
3CS Corporate Solicitors Ltd is registered under the number 08198795
3CS Corporate Solicitors Ltd is a Solicitors Practice, authorised and regulated by the Solicitors Regulation Authority with number 597935

All photography courtesy of Nobuyuki Taguchi | www.nobuyukitaguchi.com