Language Options  

3CS Corporate Solicitors new logo.jpg

ニュースレター

[雇用法] 新たな全国的ロックダウン規制と一時自宅待機制度 (furlough scheme)の延長

02 November 2020

Jasmine Chadha


政府は、2020年11月5日木曜日からイングランド全土で新たに全国的なロックダウン規制が施行されることを発表しました。現段階で、同規制は12月2日まで4週間続くと想定されていますが、多くの人は既にこの日以降も規制が延長されると予想しています。


新たなロックダウン規制の意味は何ですか?

  • 教育、仕事、育児や弱者支援など特定の目的を除き、人々は自宅にとどまることが求められます

  • 在宅勤務ができる者は皆そうしなければなりません

  • 臨床的に非常に脆弱で在宅勤務ができない者に対しては、職場に行かないように助言します

  • 特定の事業所や施設は閉鎖するか、限定的なサービスを提供しなければなりません、例えば

          o クリック&コレクトまたは配送サービスを除き、必要のないすべての小売業は閉鎖しなければなりません

          o ジムなどの室内外のレジャー施設、映画館などの娯楽施設、美容室のようなパーソナルケア施設は閉鎖しなければなりません

  • 異なる世帯が会うことは室内外で禁止されます

  • 学校や大学などの教育施設は引き続き開校します


ホスピタリティ業界についてはいかがですか?


レストラン、バー、パブを含むホスピタリティ施設は閉鎖されなければなりませんが、持ち帰りや配送サービスは引き続き提供できるかもしれません。アルコールの持ち帰りは認められません。


ホテル、ホステル、その他宿泊施設は、業務出張者および限られた数のその他例外のためにのみ解放されるべきです。閉鎖される企業の全リストは、近く政府により公表される予定です。


どのような財政支援が利用可能ですか?


このロックダウンにおいて企業と労働者を支援するため、コロナウイルス雇用維持制度(Coronavirus Job Retention Scheme (CJRS))が延長され、フルタイムの一時自宅待機(full-time furlough)に加えて、柔軟な一時自宅待機制度(Flexible Furlough)が認められることになりました。


これは、次のことを意味します。


  • 政府は、従業員が働いていない時間に対して月額最大2,500ポンドまで、賃金の80%を支払います

  • 雇用主は、従業員が勤務しない時間について国民保険 (NICs)および年金拠出金を支払い、柔軟な一時自宅待機制度 (Flexible Furlough)が適用される場合は、従業員が勤務した時間について通常の控除を行います

  • 雇用主は、従業員とのあらゆる労働協定に合意することができ、彼らが勤務した時間については通常の方法で支払い続けなければなりません(月額の一時自宅待機 (Furlough)賃金の上限は、実際に勤務した時間に比例して減らされます)

  • 雇用主は、希望すれば、同制度の助成金を上回る賃金を自己負担で支払うことを選択できます

  • 英国の銀行口座およびPAYEスキームをもつ全ての雇用主は、規模にかかわらず、助成金を請求することができます

  • 雇用主も従業員も、以前に一時自宅待機制度(furlough scheme)を利用していた必要はありません

  • 雇用支援制度(Jobs Support Scheme(JSS))は一時自宅待機制度(furlough scheme)の終了後(ロックダウンの期間によります)に実施される予定です

  • 閉鎖を余儀なくされるイングランド国内の事業所は、地域制限支援助成金(Local Restrictions Support Grant)のもと、月額最大3,000ポンドの助成金を受け取ることになっています

コロナウイルス雇用維持制度(CJRS)に関する詳細のガイダンスは、11月中に従業員の賃金コストに関する請求を最初にできる時期を含め、まもなく発表される予定です。以前に発表されたコロナウイルス雇用維持制度(CJRS)の終了日(すなわち10月31日)と今回の延長期間との間に、支援の適格性に差は生じないでしょう。


一時自宅待機(furlough)または柔軟な一時自宅待機(Flexible Furlough)をしているあらゆる従業員との間に、雇用条件の変更を規定する、一時自宅待機契約(furlough agreement)が結ばれている事を確認する必要があります。


このような困難な時期に、弊所は貴社のビジネスを支援し、アドバイスをご提供いたします。詳細は、通常の3CSの担当者にご連絡ください。


法律、および人事に関する最新情報をご希望の方は、弊所ニュースレターをお申し込みください。

Related Articles

Download

Solicitor/Associate/Employment

Jasmine Chadha

Cookie Policy    Complaints Information

 

 

© 2013-2020  3CS Corporate Solicitors Ltd 

Registered in England & Wales | Registered office is 35 New Broad Street, London EC2M 1NH
3CS Corporate Solicitors Ltd is registered under the number 08198795
3CS Corporate Solicitors Ltd is a Solicitors Practice, authorised and regulated by the Solicitors Regulation Authority with number 597935

All photography courtesy of Nobuyuki Taguchi | www.nobuyukitaguchi.com

WLL_'O'(light blue).jpg