Language Options  

3CS Corporate Solicitors new logo.jpg

ニュースレター

[移民法] 新しい移民規則が施行

04 December 2020

Thomas Miles

Tier 2 (General)ビザを定期的に利用されているクライアントは、居住者労働市場テスト(Resident Labour Market Test「RLMT」)が12月1日に廃止されるという最新のニュースに大きな関心を寄せられていたことでしょう。


要約すると、居住者労働市場テスト(RLMT)は、その役割を果たすことができる定住労働者がいるかどうかを確認するために、2つの場所にそれぞれ少なくとも28日間以上の広告掲載を要求していました。広告された条件を満たす定住労働者の応募者がいない場合にのみ、(広告された役割のすべての要件を満たす能力を証明する必要のある)移民労働者にスポンサーシップを提供することができました。したがって、複雑さと時間の両方の観点から、これは相当な負担でした。


居住者労働市場テスト(RLMT)の廃止は、全ての人にとって歓迎されるニュースです。これまでTier 2 (General)を利用していなかったとしても、より多くの企業が新たな技能労働者(Skilled Worker)ビザを利用したいと考える可能性が高いことからも、このニュースは歓迎されるものです。


しかし、内務省 (Home Office)の新たなガイダンス文書が出版されるまでの間、内務省 (Home Office)の審査のために、要求された場合には、採用活動の詳細を提出が必要となるのではないかという危惧がありました。このため、居住者労働市場テスト(RLMT)廃止という前向きな報告にも関わらず、実際には何らかの形の居住者労働市場テスト(RLMT)が依然として必要とされるのではないかという懸念が生じていました。


ガイダンス文書が公開された今(もちろん今後も変更が発表される可能性がありますので、ここに記載した内容も変更される可能性があります)、貴社の立ち位置を明確にするために詳細を確認しました。ガイダンスの重要なポイントは以下の通りです。

 スポンサーシップ証明書(Certificate of Sponsorship)に記載されたジョブコードを審査する際に、内務省 (Home Office)は、記載された仕事が本当に必要なものとして示されているかどうかを考慮します。


 同様に、移民がその仕事に必要とされる適切な技能、資格、経験を持ち合わせているかも考慮するでしょう。

 内務省 (Home Office)は「正規の欠員(genuine vacancy)」を次のようなものとみなします。

○ 移民に対してスポンサーシップ証明書(Certificate of Sponsorship)に記載された特定の義務を履行するよう要求すること

○ 著しく異なるまたは低い技能の作業は含まないこと

○ ビジネスモデル、ビジネスプランと規模の観点からビジネスに適していること

 内務省 (Home Office)は、以下に示す役割の例は正規のものではないと考えています。

○ 誇張された職務内容

○ 主に移民に英国入国を許可するために創った役割

○ 職務に不適切な要件、スポンサーの業務と矛盾する要件、定住労働者を除外するように調整された要件を伴う職業広告


ここで問題となるのは、上記事項を遵守するために何をする必要があるか、また上記の点について内務省 (Home Office)に最善の証拠を提供するために実際には居住者労働市場テスト(RLMT)を継続するべきか、ということです。居住者労働市場テスト(RLMT)の継続はやりすぎでしょう。居住者労働市場テスト(RLMT)は廃止されており、通常(特定のケースでは常に例外がありますが、ほとんどのケースにおいて)、明確かつ意図的に排除されたそのような負荷のかかるタスクの実行はお勧めしません。その代わりに、明確かつ詳細な職務内容と、その職務が事業内でどのような役割を果たすのかを明快に説明することが重要です。


スポンサーシップの対象となる職務内容や役割についてのご相談は、私たちまでご連絡ください。

法律、および人事に関する最新情報をご希望の方は、弊所ニュースレターをお申し込みください。

Related Articles

Download

Solicitor/Director/Head of Legal

Thomas Miles

Cookie Policy    Complaints Information

 

 

© 2013-2020  3CS Corporate Solicitors Ltd 

Registered in England & Wales | Registered office is 35 New Broad Street, London EC2M 1NH
3CS Corporate Solicitors Ltd is registered under the number 08198795
3CS Corporate Solicitors Ltd is a Solicitors Practice, authorised and regulated by the Solicitors Regulation Authority with number 597935

All photography courtesy of Nobuyuki Taguchi | www.nobuyukitaguchi.com